ブログカテゴリのご紹介メニュー

最新記事ピックアップ

2020年08月30日

えへへ

納車&試乗
F68CAE83-6950-4D1B-880D-F98544E55BB0.jpeg
posted by Senri-Chiropractic-Clinic at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2020年07月17日

梅雨

雨雨雨雨雨

長いなぁ雨
今年は何なんだバッド(下向き矢印)
オリンピックyearが年明け早々コロナに振り回されるむかっ(怒り)ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)
温暖化が原因?
線状降水帯、数時間で記録的な大雨
何が?どこが?原因なんてことは敢て言いませんが。。。ええ加減にせえよパンチ

高温多湿のここ最近、睡眠不足や環境の変化(テレワークなど)の影響か?
寝違い・ギックリ腰の患者様の連続ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

もう一つは、想定内でしたが頭痛・片頭痛・倦怠感が抜けないなどの自律神経系の疾患。
大きな原因は、頭蓋内の脳の奥の方にある視床(自律神経の親玉)と言われる部分がストレスを感じ様々な影響を与えてくれます。
詳細は→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E5%BA%8A#:~:text=%E8%A6%96%E5%BA%8A

勿論、頭蓋内に手を突っ込んで施術する訳にはいかないので、
頭蓋にそっと両手を当てソフトにソフトに動いてるのか動いてないのか(当事者同士は分かります)
頭蓋・縫合の歪み動きリズムを整え頭蓋内の硬膜にアプローチします。
ストレスのない落ち着いた空間を脳に提供しますわーい(嬉しい顔)
自律神経のリセット、施術中に自律神経がどんどん整ってくるのが分かりますので皆さん落ちます眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)

まだまだ安心するところではないですが(コロナ)
自分の身は自分で守る家族や仲間は守る!!
自己免疫力を高める努力をする事が一番です。
体温を上げる努力をしましょう体温が上がることで免疫は大きく高まります。
コロナ自粛モードで発信しにくかったのですが、
カイロプラクティック・鍼灸・マッサージ・整体など様々な施術で血液循環を高め
体温を上げ自己免疫力を高めましょう!!
posted by Senri-Chiropractic-Clinic at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2020年06月17日

マスク頭痛

今朝のテレビで取り上げられてました。
時事ネタかな?
59033595-9A73-46BC-AE35-8F6342A524FA.jpeg
専門家の先生の意見を聞きながら原因と対処方法を紹介してました。
4B78D3BB-C4AB-4F17-AA17-21AF61A51E74.jpeg
酸欠・熱中症・首コリなどでした。
考えられる原因の一つだと思いますが、
対処されても効果が感じられない方は、別の問題が考えられますのでご注意ください。

マスクのゴムの辺りが痛いなんて方は特にご注意を、専門家の先生に意見するつもりはないのですが、頭痛・片頭痛のもと三叉神経痛が考えられますので、その際は三叉神経に特化した施術を行わなければ効果は期待できないと思われます。

頭蓋骨の調整後三叉神経に直接アプローチします。
少し怖そうな感じがしますが、寝てしまうぐらいソフトな施術なので安心してください。

お困りの方はご連絡お待ちしてます。

posted by Senri-Chiropractic-Clinic at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療日記

2020年06月01日

もう6月

皆さん、お元気でしょうか?
大変な月日でしたねふらふら

しかしながら、少しずつでも日常を取り戻さなくては。。。ですね。

6月1日、本日より通常診療へ。。。

換気・消毒は徹底して行っていますのでご安心ください。
タグ:コロナ 施術
posted by Senri-Chiropractic-Clinic at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言

2020年03月18日

交通事故

今日は交通事故後の治療とその後についてお話します。

叶うなら関わり合いになりたくはありませんね。。。交通事故むかっ(怒り)

しかし、令和2年2月現在大阪府警本部発表の交通事故数です。

件数・・・・4,322
負傷者・・・5,032
〇〇者・・・ 28

大阪府全域でこれだけの方が交通事故にあわれていますがく〜(落胆した顔)

事故にあうつもりで外出していないし、事故を起こすつもりで車も運転していません。
が、事実です。
毎年・毎月数字に違いはありますが大差なく・・・

やはり圧倒的に多いのは交差点若しくは付近です。
私も数年前本線直線走行中、左側道に侵入しようとした車両に体当たりされ、吹き飛ばされた経験があります。

気を付けていても起こるのが事故
では、その後どうすればいいか?

私の場合は、自分で警察と救急に電話し職場近くの病院での処置をお願いしました。
今後の都合だけで

相手も悪く、どこかはあえて申しませんがえ!!と思うところでした。

詳細は置いといて、事故数週間後から左腕に痺れと痛みがありましたが
そのうち、治まるだろうと思っていました。
(こんな仕事をしてるくせに、自分の身体に自信があったのでしょうね)

数か月しても収まらないので後遺症ですか?
と、救急でしたので、その日の先生に尋ねると・・・う〜〜ん
交通事故で来てるのに何でここのレントゲンがないんだろうという話になり
事故当日に処置された先生に確認へ行くと
「そこ痛い言わんかったしぶつけたとも言ってない」
・・・首なんですけど?   チョット暴れてやりましたわーい(嬉しい顔)

組織的に任意保険に入っていないらしく
色々ややこしい経験があり私の時にこんな事を知ってればと思い。

加害者や保険会社との話し合いや交渉や様々なことを
専門の弁護士の先生にお任せし安心して治療を受けていただきたいと思いお知らせです。

交通事故後の治療は勿論、保険会社との交渉や様々な交渉を当院が契約しております弁護士事務所がありますので全ての事は当院にお任せください。

事故での治療費はご負担なしで治療させていただきます。
弁護士費用も弁護士特約に加入されてればご心配ありません。
https://en-koutsujiko.jp/
ご相談ご連絡お待ちいたします。

posted by Senri-Chiropractic-Clinic at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療日記